Gastronomy

   

メッツォ オールスイートヴィラズで楽しむ丹後の食事

旅の楽しみの一つはなんといってもお食事。
メッツォ オールスイートヴィラズでは、グランピングでBBQを楽しむのはもちろん、
お持ち込みでのお食事も可能。

その他にも豊富な提携レストランが展開しています。
その日の気分やシーンに合わせたセレクトで
丹後の美食をご堪能ください。

天香カウンター

地元のグルメで地産地消を楽しめる

Meal
“Local&Native”

メッツォ オールスイートヴィラズの
直営・提携レストラン12選

海の幸山の幸の両方を贅沢に味わえる天橋立。
こちらでは観光ガイドでは紹介されない、地元のグルメ通御用達の素材を使用した直営・提携レストランをご案内。 くつろぎのカフェからディープなジビエレストランまで、幅広くご紹介いたします。

徒歩7分

パン・ドゥ・ジュジュ

こだわりのコーヒーとおいしいサンドイッチ、
天橋立界隈では希少なオシャレなカフェ

天橋立駅すぐ近くのパン・ドゥ・ジュジュ。コーヒー豆は北欧ノルウェーのカフェFUGLENフグレンを使用するこだわりのお店です。
ウォールナッツ、クルミなどいろいろな食パンが並べられた店内には、可愛らしいオルガンのインテリア。ランチも評判がよく、チェックアウト後のパンカフェランチもおススメ。
パンや焼き菓子も素材にこだわっていて、テイクアウトでサンドも作ってくれるホスピタリティ抜群の素敵なカフェです。

パン・ドゥ・ジュジュ
カフェ・ドゥ・パン

徒歩10分

カフェ・ドゥ・パン

天橋立の運河沿いから廻旋橋を眺めながら ゆったりカフェタイム

天橋立の運河沿いという絶景のロケーションにあるカフェ。
散策でちょっと疲れた時に立ち寄りたいオシャレなお店です。
宮津・天橋立の名産であるオイルサーディンをはさんだ宮津バーガーや黒豆タルトが人気。宮津バーガーはABCテレビの人気番組、『朝だ!生です旅サラダ』でも紹介されたこともある絶品です。

タクシー5分

天橋立 幽斎(ゆうさい)

阿蘇海を眺めながら
丹後の素材を活かしたオーベルジュを堪能

         

天橋立二本松の“和のオーベルジュamano-hasidate 幽斎”。オーベルジュということで、本来は宿泊施設ですが、食事のみでも利用できます。
メッツォ オールスイートヴィラズからのアクセスがよい上に、料理レベルも高くぜひとも訪れていただきたいお店です。 海の幸はもちろんのこと、丹後牛、米、野菜などの食材から塩・醤油・酢などの調味料も地元産にこだわっています。

天橋立 幽斎
幽斎料理01
幽斎料理02

おススメは、松葉がにの雌がにである“こっぺガニのパスタ”や丹後コシヒカリの“アカモクご飯”など、幽斎でしか食べられない地元食材のオリジナルメニュー。(コースメニューのみなので、アラカルトでの注文はできません)
また5月~6月には丹後の究極の食材である「丹後とり貝づくしコース」や11月~3月には冬の味覚の王様である「松葉ガニコース」もおススメです。

酒菜・禅

タクシー10分

酒菜・禅(ぜん)

丹後の魚をコスパよく食べられる地元人気店

観光客にはあまり知られていませんが、地元では丹後の海の幸が楽しめるお店として人気の酒菜・禅。グループでもカップルでも気さくに、ホッとくつろげる雰囲気のお店です。カップルならカウンター席もおススメです。
毎日、日替わりメニューとして、宮津漁港などで水揚げされた新鮮な魚介類がお刺身などで提供されています。観光客特化したお店とは異なり、地元のお客様相手の商売でリーズナブルかつコスパの良いお店です。

事前にお願いしておけば、“丹後とり貝”や“松葉がに”も楽しめます。
店主の野村治輔さんはテキパキとした仕事ぶりと気さくな人柄が人気。アクセスはメッツォ オールスイートヴィラズからはタクシー(片道10分程度)が便利です。
自家用車で来店される場合は専用駐車場もあります。

酒菜・禅料理01
酒菜・禅料理02

タクシー10分

ACETOアチェート

老舗酢醸造・飯尾醸造が手掛ける
“丹後食材を活かしたイタリアン”

イタリア語で「酢」という意味を持つACETO(アチェート)。 店名の通り、有名料理店で採用実績豊富な富士酢の醸造元「飯尾醸造」が2017年7月にOPENしたお店で、宮津市新浜に残る築120年の古民家をリノベーションした南イタリア料理店。
お酢をたっぷり使ったメニューが特徴的で、丹後の魚介や野菜をつかったマリネやリゾットがおススメです。 お店には広々とした中庭もあり、天気の良い日はテラス席でのお食事も。

ACETO
ACETO料理01
ACETO料理02

お酢を使った料理の他にも、丹後でとれる鹿などを活かしたジビエ料理も美味しいです。
シェフはイタリア・シチリア島や東京で修業を積んだ腕利きの重康彦シェフ。

おさかなキッチン みやづ

タクシー10分

おさかなキッチン みやづ

2017年OPEN
自分だけのオリジナル海鮮丼を作ろう!

“海の京都の台所”をコンセプトに2017年にオープンした「HAMAKAZE Café」と「山一水産」の複合店舗。
宮津市の鮮魚仲卸の山一水産が運営しています。鮮魚や海産加工品の販売だけでなく、宮津で水揚げされた魚をその場で食べられる「イート&バイ」方式のユニークなお店。
特にお客様が自分の好みでネタを選ぶ「お好み海鮮丼」がおススメです。 小さなお子様にはセリ体験やつかみ取りも人気です。

HAMAKAZE Caféでは丹後のお土産として重宝される“へしこ”を使ったペペロンチーノやB級グルメのホルモン焼きそばをはさんだ浜町サンド、宮津市由良地区のみかんを使用した由良みかんのソフトクリームなど個性的なメニューが多数あります。

HAMAKAZE Café
海鮮丼

自家用車15分

天橋立ワイナリー

地野菜を中心としたランチバイキングが人気
ワインの工場見学もご一緒に

直営のブドウ畑をもつ天橋立ワイナリーは、若男女問わずたくさんの観光客が訪れる人気観光スポット。
天橋立ワインを使った鶏のから揚げ、自家製ピクルス、地野菜とベーコンの香草焼き、イワシなど地魚を使ったフリット、丹後こしひかりの米粉パンなど地元食材を活かしたバイキングランチには多くのお客さまが訪れています。 お食事の他にも、ワインの工場見学や併設の地元野菜の直売所での買い物も楽しめます。

天橋立ワイナリー
天香

無料送迎20分

天香(そらのかおり)

著名人も訪れる
超鮮度の海の幸を楽しめる直営レストラン

マリントピアリゾート直営のレストラン。
宮津漁港を含む丹後12か所の港から新鮮な魚介類を仕入れし、活魚中心のメニューを提供しています。隣には天橋立離宮星音もございます。
幻のカニと呼ばれる間人ガニをもとめ、11月~3月のカニシーズンには多くのお客様が京阪神だけでなく東京や海外からも訪れます。

野菜についてもこだわっています。
自家菜園を保有しています。新鮮な野菜を安定供給すること、また市場では出回らない希少価値の高い野菜の栽培に取り組んでいます。

天香料理01
天香料理02

無料送迎20分

チェーロ&
パティスリー リシェット

旬の野菜・鮮魚の絶景イタリアン

地元人気イタリアンのオーナーとして活躍した西村シェフが手がけるチェーロは、丹後の食材を中心にした地産地消のイタリアン。同グループの天香(そらのかおり)や天橋立離宮 星音と共同仕入を行い購買力や販売力を高めることで、他店では品揃えが難しい希少価値のある食材を提供しています。
宮津湾を眺められる絶好のロケーションに位置しているため、気候の良い春から秋にかけては、テラス席で楽しむBBQもおススメです。

チェーロ&パティスリー リシェット
チェーロ&パティスリー リシェット料理01
チェーロ&パティスリー リシェット料理02

リシェットでは直営のイチゴ農園で採れた白イチゴの「雪兎」や、桃の味に似た珍しいイチゴ「桃薫」など京阪神では高級イチゴとして人気の品種を贅沢に使用したタルトやケーキも販売しています。
見た目にも味にもこだわった美しいスイーツをぜひご賞味ください。
※イチゴの収穫シーズンの12月~4月のご提供となります。

縄屋

自家用車40分

縄屋

ミシュラン獲得の和久傳で修業した
敏腕オーナーの懐石料理

京丹後市弥栄町にある縄屋。
オーナーシェフの吉岡幸宣さんは、ミシュラン獲得店として著名な京料理の名店、和久傳などで研鑚を積まれた丹後でも指折りの料理人です。
「あまから手帖」で有名なフードコラムニスト門上武司氏もわざわざ足を伸ばし、ご自身のブログで紹介されるほどのお店です。

食べログでも4.1点という高評価で、関西の食通の間では必ず行っておくべき店としてリストアップされ、“京丹後にこの店あり”といわれているそうです。
メッツォ オールスイートヴィラズからはやや遠く、車で40分ほどかかりますが、チェックアウト後のランチなど是非お立ち寄りください。

縄屋料理01
縄屋料理02

自家用車40分

和久傳の森(わくでんのもり)

ミシュラン2つ星の老舗料亭が手がける
工房レストラン

京丹後市久美浜町に2017年6月に開館した“和久傳の森”。 その内部には「ふしぎなえ」が世界中で好評な著名画家の安野光雅さんの柔らかな水彩画を展示する「森の中の家 安野光雅館」が佇んでいます。 実は和久傳さんは京丹後出身の企業であり、創業者である女将さんが地元への恩返しということで、美術館を整備されました。 館内にある工房レストランwaknden MORI(モーリ)では、ミシュラン獲得の京料理の名店和久傳がプロデュースするランチが楽しめます。

和久傳の森
和久傳の森料理01
和久傳の森料理02

メニューは和久傳の森で育った地野菜や丹後の魚介など地元の食材をふんだんに使ったもの。
2017年6月に開館して1年足らず(9か月)で美術館の入館者は2万人の大台を突破したそうです。 メッツォ オールスイートヴィラズからは、少し時間がかかりますが、一見の価値があるスポットです。
丹後の新しい人気観光スポットにぜひお立ち寄りください。

ろあん久美浜店

自家用車50分

ろあん久美浜店

ミシュラン獲得の蕎麦専門店
創業オーナーのお店

京丹後市久美浜の高台にある“ろあん久美浜店”。
兵庫県篠山にある“ろあん松田”は蕎麦専門店では初めてミシュラン一つ星を獲得したほどの名店。案外知られていませんが、その本家である創業オーナーが運営されているのが、ろあん久美浜店です。 蕎麦に詳しい方には、言わずと知れた名店“ろあん”。 せっかく丹後まで足を運んでいただいたなら、一度は訪れていただきたいお店です。

“和久傳の森”からさらに遠方になりますが、道中には熟成酒の玉川やアイスブレーカー、また外国人として初めて杜氏になったフィリップ・ハーパー氏がいることで有名な「木下酒造の酒蔵」や丹後でも屈指の人気観光スポットになっている“京都・丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら”など一度は訪れたいスポットが点在しています。

ろあん料理01
ろあん料理02

ACCESS
アクセス

平成26年に京都縦貫道「京丹波わちIC~丹波IC」が開通し、より便利に、より身近になった天橋立。
大阪、京都、神戸から100㎞圏。約2時間台のドライブコースでリゾートにアクセス。
また、『くろまつ』『あかまつ』で有名な京都丹後鉄道 天橋立駅から車で20分、バスで30~40分と、天橋立を様々な角度からお楽しみいただけます。

       交通案内へ

空室確認・ご予約   Tel:0772-45-1073